講習

Drone Training

HELICAM株式会社は国土交通省航空局掲載講習団体です。

DJIインストラクターによるドローンの操作講習と基礎講習
DJI CAMPでは国土交通省飛行許可申請の一部を省略可することが可能

安全基礎講習

基礎トレーニング

ドローンを安全に運用するための基礎知識と必要な操作設定知識を学べますので導入におすすめ

※受講終了証発行

※事前申請でCPDS6ユニット発行

※個別の出張講習も可能です

応用講習

操作トレーニング

複雑なドローンの操作を学べます。スキルアップに最適な操作講習ですので技能認定試験前に最適

※飛行技術の向上を目的とした講習、操作に不安がある方も練習に

※DJI CAMPの飛行試験もここで練習できる

※個別の出張講習も可能です

DJI CAMP

DJI CAMPとは

DJI CAMPとは、DJIの日本法人であるDJI JAPAN 株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。10時間以上の飛行経験がある操縦者が受講対象です。

DJI CAMPスペシャリスト認定証

DJI CAMPスペシャリスト認定講座と受講条件
10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者で、DJI製品のユーザーマニュアルを事前に熟読し、実際のマルチコプター飛行業務に従事できる者とします。2日間の座学講義、筆記試験、実技試験を受講及び技能テスト合格後、DJI CAMPスペシャリスト認定証を発行します。

自分で出来る写真測量講習

三次元測量が初めての方を対象に、UAVの撮影計画から自動飛行、データ解析、オルソ画像および3次元画像/点群データ作成まで実際の業務に役立つ知識や技術を学べます。

講習カスタマイズ可能

御社に必要な講習内容にカスタマイズして講習を行うことができます。個別相談お待ちしております。

出張講習

3名以上で受講される企業様は日程・場所などを打ち合わせの上、個別で講習会を開催させていただきます。
詳細は下記お問い合わせにてご相談ください。

講習実績

・国土交通省開発局・北海道開発局・通年雇用促進協議会・道総研林業試験場・消防署・消防団・消防学校・各高校・専門学校
・各自治体・商工観光課・防災課・養殖漁業協同組合・北海道農業研究センター・商工会議所・北海道立総合研究機構
・各建設会社・各測量会社・各土木事業会社

※新入社員研修などにもご利用いただいております。

安全基礎講習

-午前-(座学)9:30-12:00
・操縦者の心構え・安全基準・緊急時対応
・マルチコプターの仕組み・禁止事項
・法律飛行計画・飛行手順・日常点検

-午後-(操作) 13:00-16:30
・デモフライト・設定項目解説
・操縦トレーニング・質疑応答

応用講習

-午前-(座学)9:30-12:00
安全のセットアップ
基礎フライトトレーニング

-午後-(操作) 13:00-16:30
応用フライトトレーニング

DJI CAMP

■座学教育
・安全基準・禁止事項・マルチコプターの概論
・電波について・気象について・飛行について
・DJI製品について・法律
■試験対策講習
・ドローン運用で知るべき事(法律・規制)
・運用の際の注意点、墜落させない為には
・アプリ(APP)の使用方法 設定&調整
<座学の復習及び質疑応答>
■筆記試験、飛行技能試験 ■オンラインテスト

ドローンは街中では絶対に飛ばせないですか?

航空局へ飛行申請をすることで、飛行許可を得ることができます。※最低10時間の飛行経験が必要

許可を取ったらどこでも自由に飛ばせますか?

航空法以外の関係法令や様々な条例がありますので、関係各所への確認が必要です。

個別講習はどこで行いますか?

打ち合わせの上、決定いたします。天候の影響も鑑みてドローンが飛ばせる屋内施設も必要です。
お客様にご用意いただくことも可能です。弊社で会場のご用意も可能です。(施設使用料はご負担いただきます)

ご案内カタログはこちら