Mavic 3 Enterprise Series

日々のタスクに、この携帯性と効率性

Mavic 3 Enterpriseシリーズ(Mavic 3E、Mavic 3T)は、業務用小型ドローンの業界標準を一新します。

Mavic 3Eは、メカニカルシャッター、56倍ズーム対応カメラ、cmレベルの正確な測位を実現するRTKモジュールを搭載し、マッピングなどの業務効率性を新たな高みへと向上させます。

Mavic 3Tは、サーマルカメラを搭載し、消防活動、捜索救助活動、点検、夜間業務などで活躍します。

活用事例

測量

M3EにRTKモジュールを搭載することにより、cmレベルの精度の測位を実現。優れた効率性でマッピング作業を完了させることができます。

捜索・救助

捜索エリアを素早くスキャンし、身動きの取れなくなった被害者の位置を把握。その後、迅速に救助チームを出動させます。

消火活動

迅速に被災者の位置を把握し、ホットスポットを特定。火災のリスクを確認し、人員の安全も確保しながら最適な救助プランを作成します。

点検

最大240個のウェイポイント(経由点)を作成でき、複雑な環境でも、自動化された綿密な点検ミッションを遂行できます。

高品質のカメラ性能

遠くから確認できるズーム機能

Mavic 3EとMavic 3T、両モデル共に12MPのズームカメラを搭載し、最大56倍のハイブリッドズームに対応し、確認したい重要な情報を遠くからでも見逃しません。 

見えない情報を可視化

Mavic 3Tに搭載されているサーマルカメラは、解像度640 × 512ピクセルで、スポット測定とエリア測定の2種類の温度測定方法に対応し、高温アラート、カラーパレット、等温線などの機能を搭載し、目標対象の捜索や即断即決が迫られる場面で活躍します。

見えない情報を可視化測量を、より迅速に

Mavic 3Eの4/3型CMOSセンサー搭載の広角カメラ(20MP)は、モーションブラー現象の発生を防ぐメカニカルシャッターを備え、0.7秒間隔の連写に対応しています。

改善された低照度環境での性能

Mavic 3Eの広角カメラは、3.3μmの大きなピクセルサイズを持ち、スマート低照度写真モードと共に使用すると、薄暗い状況における撮像性能が大幅にアップします。

次世代の映像伝送技術
4つのアンテナを使用したO3 Enterprise伝送は、様々な複雑な環境下でも安定した接続を確保します。

最大伝送範囲:8Km

動画伝送:1080p

優れたオペレーション効率
最大45分の飛行時間により、各ミッションでより広い範囲をカバーでき、一回の飛行で最大2平方キロメートルの広さを測量できます。
   

運用高度限界(海抜):6000m

耐風性能:15m/s

搭載カメラスペック

広角カメラ
・4/3型CMOS
・20 MP
・メカニカルシャッター

望遠カメラ
・焦点距離(35 mm判換算)162 mm
・12 MP
・56倍ハイブリッドズーム
広角カメラ
・焦点距離(35 mm判換算)24 mm
・48 MP

望遠カメラ
・焦点距離(35 mm判換算)162 mm
・12 MP
・56倍ハイブリッドズーム

サーマルカメラ
・FOV(対角視野) 61°
・焦点距離(35 mm判換算)40 mm
・解像度 640 × 512

HELICAMでは、法人様の個別相談を伺っております

導入をご検討の企業・団体様はお気軽にお問い合わせください。

下記フォームよりお問い合わせいただきました企業様には、より最新の情報をお届けいたします。

    法人名 (任意)

    お名前 (必須*)

    メールアドレス (必須*)

    電話番号 (任意)

    題名

    お問合せ内容

    Matrice 350 RTKZenmuse L2(Lider)Zenmuse P1(測量用カメラ)Zenmuse H20T(ハイブリッドカメラ)Zenmuse H20N(ナイトビジョンカメラ)Mavic 3 EnterpriseMavic 3 ThermalMavic 3 Multispectral

    メッセージ本文(必須*)