UAVによる道路クラック調査を行いました(M300RTK,P1)

道路クラック(ひび割れ)調査のご依頼をいただき、HELICAMスタッフがドローン撮影を行いました!

道路舗装を健全に保つため、 クラック調査は重要な業務となります。

これまでも上空からの写真によって道路クラック調査を行うことはありましたが、航空機を使用することが多かったようです。

ドローンで低空飛行をさせることにより、手軽に高解像度な写真の撮影が可能となります。

使用ドローン:DJI MATRICE 300 RTK
使用カメラ:DJI Zenmuse P1

ドローンでの撮影・測量・点検も対応しております!

「上空からの映像が欲しい」「測量・点検してほしい」といったご要望にも、経験豊富なHELICAMスタッフが対応いたします。

遠方への出張も可能です。お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です