ドローンの飛行が禁止される「緊急用務空域」が新たに設定されました

令和3年6月1日より、災害時などに緊急用務(捜索・救助活動など)を行うための航空機の飛行が想定される場合に、無人航空機(ドローン・ラジコン機など)の飛行が原則禁止される「緊急用務空域」が新たに設定されました。

このため、無人航空機の飛行前に飛行させる空域が緊急用務空域に該当するか否かの確認が必須となりました。

ドローン・ラジコン機などをお使いの方は、ご注意ください。

緊急用務空域を含む飛行ルールの詳細については、下記をご確認ください。
外部リンク:国土交通省|無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です