ソーラーパネル熱赤外線調査を行いました

ソーラーパネル調査のご依頼をいただき、HELICAMスタッフが撮影を行いました!

ソーラーパネルに汚れや破損等があると異常発熱を起こします。これをホットスポットと呼びます。
ホットスポットは発電効率の低下やパネル故障を起こすため、点検は太陽光発電所の重要な作業です。

従来はハンディ赤外線カメラを持ち、歩いて点検を行っていました。
ドローンと赤外線カメラを使用することにより短時間で広範囲な点検が可能となり、近年需要が高まっています。

赤外線サーマルカメラ「DJI Zenmuse XT2」を使用することにより、わずかな温度差を視覚化し、肉眼では確認できない詳細な状況を表示します。

使用ドローン:DJI MATRICE 210 RTK V2
使用カメラ:DJI Zenmuse XT2

ドローンでの撮影・測量・点検も対応しております!

「上空からの映像が欲しい」「測量・点検してほしい」といったご要望にも、経験豊富なHELICAMスタッフが対応いたします。

遠方への出張も可能です。お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です