DJI MAVIC PRO 折りたたみ小型ドローン


DJI MAVIC PROは、DJI Mavic Proは、高度な技術が搭載されたDJI史上最もコンパクトな最先端のフライングカメラです。コンパクトかつ軽量・パワフルで、移動の伴う現場や緊急時の災害環境調査、橋梁の点検や捜索・救助といった場面でも特に小型軽量ドローンが活躍いたします。4km対応の伝送システム、障害物回避センサー、高精度3軸ジンバルの4Kカメラ。
小型折りたたみドローンを組立完成品でご用意。商品到着後すぐに飛行可能な状態でお届けします。

  • DJI MAVIC PRO
  • DJI MAVIC PRO送信機×1
  • 4Kカメラジンバル
  • フライトバッテリー×1
  • プロペラ×2セット
  • 充電器
  • 取扱説明書
  • 無償保険申込用紙


DJI MAVIC PRO 機体スペック
フライト時重量 743g
全長 83mm×83mm×198mm
プロペラ インチ
バッテリー 11.4v 3840mAh
ホバリング時間 最大27分
耐風性能
ホバリング精度
飛行速度 スポーツモード時 65km/h
通信距離 4.0Km ※見通し最大
カメラスペック 1/2.3"(CMOS) センサー
画素数 12.4MP(1200万画素)
記録フォーマット jpeg
撮影感度 100~3200
動画記録画素数 4K(4096×2160)
フレームレート 30fps
映像圧縮形式 MPEG-4 AVC/H.264
センサーサイズ 6.17 x 4.55 mm CMOS
操作範囲 ピッチ(垂直方向): -90° 〜 +30°

障害物回避システム


Mavicは飛行しながら周囲をスキャンして3Dマップを作成し、飛行可能なエリアを把握し、回避すべき障害物を認識します。Mavicは画像視覚処理により、進行方向最大30m先までを認識することが可能で、進行方向最大15mまでの距離を正確に測定します。音波探知機による障害物回避技術と比較して、その精度は大きく優れています。 Mavic は障害物を検知しその周囲を認識すると、飛行ルートを調整して障害物を自ら回避します。周囲を確認できない場合は徐々にスピードを落とし、ホバリングしながら操縦者からの次の命令を待ちます。 障害物回避システムは、ActiveTrack(アクティブトラック)、TapFly(タップフライ)、地形フォローモードを含め、すべてのインテリジェントフライトモードで作動します。 障害物回避システムは、自動のReturn-to-Home機能を使用している場合でも作動するため、飛行ルートに障害物があったとしても、Mavicは衝突することなく操縦者の元に戻ってきます。

最大27分の長時間飛行


Mavicはカスタム設計された高エネルギー密度のバッテリーで、極めて効率的に最適化された推進システムです。 最先端の電力管理システムで、そのコンパクトさからは想像できない最大27分間の長時間飛行を可能にしました*。通常の使用であれば、飛行時間はおよそ21分間です。 *研究所で最適な飛行条件の下、テスト飛行した場合。

最大4kmのリアルタイム映像伝送


OcuSyncは、DJI最新の長距離伝送技術です。他のどのWi-Fi伝送システムよりもはるかに優れた機能を有しており、最大4kmの通信を実現し、長距離ではHD720p、短距離ではフルHD1080pのビデオストリーミングが可能です。 OcuSyncが飛行の度に、利用可能な周波数の伝送距離をスキャンし、最も干渉の少ない周波数を検知。飛行の安定性を高め、機体をしっかりと制御します。また、OcuSyncはDJI GOと緊密に連携しており、Mavicの重要な統計データをリアルタイムで伝達します。飛行しながら最大40MB/秒で写真や動画をダウンロードすることもできます。 *障害物、電波干渉がない場合

自動帰還システム&ワンキーゴーホーム


シグナルロスト時や送信機の電源OFFの状態時にその場でホバリング、もしくは自動帰還後着陸の安全機能が選択可能です。また、その他に低電圧の際には、墜落を回避するため設定した電圧到達時には緊急着陸する安全機能を搭載しています。

dual controller




FAQ

?M600との違いについて
?そのほかに必要なものはありますか?
いずれのセットでもすぐに利用が可能です。また飛行用のバッテリーは必要数量をお伝え頂ければお見積りいたします。
?購入後のサポートはありますか?
購入後も電話やメールで対応いたします。また来社されて操作講習や基礎講習など行うことも可能です。
?修理やメンテナンスはできますか?
故障時の修理や定期的なメンテナンスやオーバーホール、部品の交換も受け付けています。