DJI MATRICE600 PRO


Matrice 600PROはプロフェッショナル空撮や産業用途向けに開発されたDJIの新しい空撮プラットフォームです。M600はDJIの新技術を採用。A3フライトコントローラー、Lightbridge 2映像伝送装置、インテリジェントバッテリー、バッテリーマネージメントシステムを使うことで容易かつ迅速なセットアップで最高のパフォーマンスを発揮します。
ドローンを組立完成品でご用意。商品到着後すぐに飛行可能な状態でお届けします。

  • DJI MATRICE600PRO
  • 送信機
  • DJI Hex Charger
  • ACケーブル
  • 専用ケース
  • Ronin-MX※オプション
  • SONY A7RM2※オプション
  • D−RTKG/B※オプション


DJI MATRICE600 PRO 機体スペック
フライト時最大重量 15.5 kg
パッケージ寸法 525 mm × 480 mm × 640 mm
バッテリー(TB47S標準タイプ) 4500mAh
ホバリング時間(TB47Sバッテリー使用時) ペイロードなし:32分、ペイロード6kg :16分
ホバリング時間(TB48Sバッテリー仕様時) ペイロードなし:38分、ペイロード5.5kg:18分
耐風性能 8 m/s
飛行速度 40km/h、65km/h (無風状態)
通信距離 3.5Km ※見通し最大


SONY α7RM2 カメラスペック
画素数 約4240万画素
記録フォーマット JPEG (DCF Ver.2.0、Exif Ver.2.3、 MPF Baseline)準拠、RAW(ソニーARW 2.3フォーマット
ISO感度 100~25600(静止画)
露出補正 +/- 5
ファインダー倍率 約0.78倍
距離測定範囲 EV-2-20
動画記録サイズ・フレームレート 4K 30p FHD 60pHD 120p

空撮のためのソリューション


推進システムは防塵なので、保守管理が簡単です。さらにモーター自体が冷却する設計になっており、長時間の安定飛行を実現します。M600 PROは現行の Zenmuseカメラとジンバルに互換性があります。M600 PROは最大ペイロード6kgで、Ronin-MXジンバル、DJI Focus、マイクロフォーサーズシステムからRED EPICまでの幅広いカメラに対応します。

延長された飛行時間と伝送距離


M600 PROの飛行時間は従来モデルより向上しており、3.5km*の長距離伝送を実現します。総合的なバッテリー管理システムとは、6個のインテリジェントバッテリーのいずれかがオンまたはオフになれば、残りのバッテリーも追随するということです。バッテリー管理システムは飛行中すべてのバッテリーを監視し、1つのバッテリーに異常が発生した場合でも安全に着陸できるようになっています。インテリジェントバッテリーでない従来のバッテリーと比較して、M600 PROのバッテリー管理システムは安全性を強化するとともにメンテナンスも容易にしています。バッテリーは持ち運べるように設計されています。M600 PROの標準充電器は6個のすべてのバッテリーを同時に充電でき、作業効率を最大限に高めています。

プロ仕様のHD映像伝送


DJI Lightbridge 2 はテレビ放送にも対応できるよう設計されており、高いフレームレートやHDでのライブストリーミングを実現します。USB、mini-HDMI、3G-SDIポート、DJI Lightbridge 2グランドユニットはすべて最大1080p/60pの動画出力に対応しています。自己適合できる動的ワイヤレスデータリンクにより、非常に遅延の少ない長距離伝送が可能で、テレビ中継仕様の720p/59.94fpsや1080i/50fpsの出力にも対応しています。これにより、クリエイティブな空撮の幅がより広がります。

?M600との違いについて
?M600と較べて、M600の性能はどのように向上しましたか
M600 Proは、飛行中の総合的な効率性と安定性を増大させる新しい2170Rプロペラを搭載しています。また、A3 Proフライトコントローラーも搭載されており、全体の安全性が強化され、精密な制御を実現します。A3フライトコントローラーの冗長構成IMUには、防振ボールを追加し、揺れを吸収し、ノイズを削減する性能がさらに向上しました。
?M600とM600proの推進力は同じですか
同じです
?M600PROもD-RTKに対応していますか
対応しています。