【開催目的】

目視ができない環境でドローンの飛行を行う場合には、事前に国土交通省に許可申請が必要です。
許可申請に際しては、目視外飛行の技術を有していることが条件となります。
そのため本講習会は、目視外飛行をはじめて取り組む方を対象に、目視外飛行における注意点や技術講習を行います。

※操縦技術、操縦経験10時間以上の方を対象としております。(初心者向けの講習ではございませんのでご注意下さい)

受講された方には「ドローンアドバンスド講習会(目視外飛行)受講証明書」を発行いたします。

【日時】

2019年7月16日(火) 10:00~16:00

【会場】

江別市都市と農村の交流センター「えみくる」
067-0056 江別市美原1445(TEL 011-384-0285)

・札幌市中心部より車でおよそ35分(22km)
・無料駐車場あり
・最寄り駅:江別駅(駅から3km)

【講習費】

一般・非会員 48,600円 (税込)
北海道ドローン協会会員 43,200円 (税込)

【持ち物】

  • 筆記用具
  • 昼食各自(会場での飲食スペース等の提供はございません)
  • 上履き・動きやすい室内履き(会場にスリッパは有りますが、多目的ホールでの講習用に持参をお勧めいたします)
  • (持込の場合)ドローン機体・FPVゴーグル(インストラクターが付き、順番にフライト実習を行いますので、基本的に無料レンタルいたします。)

【カリキュラム】

主催:北海道ドローン協会、講習担当:HELICAM株式会社

10:00 – 11:00   座学基礎講習(研修室)

  • 目視外飛行とは
  • 事故事例(天候、操縦ミス、映像遅延、連絡ミス等)
  • 安全対策(ドローンの設定、用品、運用体制)
  • 飛行経路の計画と確認

11:00 – 12:00   フライトシミュレータ訓練 (研修室)

  • シミュレータを使用したFPSおよびTPS視点での訓練

12:00 – 13:00   休憩・昼食60分(各自)

13:00 – 15:00   目視外フライトトレーニング1(多目的ホール)

  • 基本動作、安全確認
  • 距離感覚・スピード感覚の訓練
  • 死角での飛行訓練
  • 緊急着陸訓練
  • 8の字飛行練習
  • 非GPS下での目視外訓練

15:00 – 16:00   目視外トレーニング2(多目的ホール)

  • FPVゴーグルを使用した操縦訓練

※参加人数により終了予定時刻は変動します。機体は貸出(無料)致します。

※ 各自機体、バッテリーの管理は自己責任でお願いします。

※ 自身の怪我や相手に怪我をさせないように細心の注意を払って飛行してください。

※ 講習中の機体の墜落・故障は一切責任を負いません。天候により進捗が遅れる場合があります。

※ 長時間の訓練になりますので、ご自身のペースで自由に休憩をお取りください。

※ モーター、カメラが著しく高温の場合や異常を感じた場合は速やかに飛行を中断してください。

【講習用の機体(DJI Phantom4)・FPVゴーグル無料レンタルについて】

Phantom4に限り機体及びバッテリーは無料貸し出しております。充電スペースを用意しておりますのでご自由にお使いください。
講習用FPVゴーグルにつきましては無料で貸出いたします(講習中、順番に交代で使用)。

【申し込み】

Digital北海道研究会にお問い合わせいただくか、
【HELICAM STORE】よりお申込みいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です