DJI CAMPとは、マルチコプター(ドローン)およびカメラ技術を開発・製造するグローバルリーダー、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。

DJI インストラクターが、ドローンの必要知識と操縦技能の講義、「DJI スペシャリスト」技能認定試験を合わせたDJICAMPを札幌市で行います。ドローンを業務で使用するという方や特に第三者の技能証明を必要とする方は参加ご検討ください。試験合格した方にはDJI JAPAN社より「DJIスペシャリスト」として認定されます。

HELICAM株式会社は国土交通省航空局「無人航空機等の操縦者に対する技能証明を実施する講習団体」として登録されています。(国土交通省航空局HP→http://www.mlit.go.jp/common/001195960.pdf)

当社主催のDJI CAMPに参加いただき「DJIスペシャリスト」に合格いただいた方は飛行許可を受ける際、無人航空機の操縦の知識や能力に関する確認が簡略化させることができます。

第23回 DJI CAMP 日程
平成30年12月10日(月)・11日(火)2日間
12月 10日 10時~17時 座学講習 ※練習時間あり
12月 11日 10時~17時 筆記試験、操縦試験

※日程変更する場合がございます。

開催場所

当別町「白樺コミュニティーセンター」

場所/ 石狩郡当別町白樺町2792番地1

電話/ 0133-23-2511

FAX/ 0133-23-2516

休館日/ 月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日) 年末年始(12月30日-1月5日)

開館時間/ 午前9時 – 午後10時

・札幌市中心部より車でおよそ50分(28km)
・無料駐車場あり
・最寄り駅:JR石狩当別駅(駅から400m)

参加資格
・個人及び法人の方
・ドローン操縦経験10時間以上
・DJIユーザー

※受験前に、機密保持契約に同意していただく必要がございます。
※機密保持契約に同意できない方は受験ができませんので、ご注意ください。

定員

10名 (定員に達し次第締切)

参加費用
64,800円(税込)

※DJIスペシャリスト試験に合格した際は、認定証発行手数料として別途 16,200円(税込)が必要です。

持ち物

  • DJI CAMPテキスト
    【テキスト購入ページ】※別ページが開きます。
  • 上履き、又はスリッパ
  • 筆記用具、ノート
  • ドローン機体(Phantom3/4)
    ※技能試験の際は機体持込可能(Phantom3/4に限る)いただくか、または機体(Phantom3もしくはPhantom4)を貸出いたします。
  • 昼食・昼食代(昼食は各自)

練習時間もございますのでご自身の機体で練習していただくことも可能です。

【申し込み】 北海道dにお問い合わせいただくか、 HELICAM STOREイベント講習会の商品ページ よりお申込みいただけます。

またはDJICAMP開催案内PDFファイルを印刷し必要事項にご記入の上FAX[011-351-5213]またはメール[info@helicam.jp]にて送信をお願いいたします。

講義内容

1.操縦者の行動規範 / 2.安全基準 / 3.マルチコプターの概論 / 4.禁止事項 / 5.気象について / 6.電波について
/ 7.飛行について / 8.操縦技量チェック / 9.DJI製品について / 10.法律

試験内容

1.機体コンディションチェック : プロペラ、モーター等確認している
2.離陸(P) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している
3.ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
4.右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
5.対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
6.前進して決められた地点まで飛ぶ(A)
7.対面で離陸地点に戻ってくる(A)
8.8の字旋回(P)
9.ノーズインサークル(P)
10.着陸(A)
※(P):GPSもしくはビジョンポジショニング使用可
(A):GPSオフで飛行

※合否は約2週間後にメールで結果をお知らせします。試験不合格の方は次回開催時に再試験(再試験費用別途)を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です